レビュー

台風や大雨で大活躍!リュック用レインカバーのおすすめ紹介

こんにちは。台風に見舞われ、傘をバキバキに折ってビショビショのまま出勤を果たした私です。

台風の日に傘をさすのはやっぱりダメだね!

家出る時に風が止んでたからちょっとなめていたら、家を出て数分後に爆風に襲われた。一発目の突風で傘の骨が1本ポキッと折れ、また次の突風で2本目・・と瞬く間にボッキボキにされてしまった。そして降りかかる横殴りの雨・・

カッパはリュックに入れておいたのですぐに雨宿りしながら装備したけど、若干時すでに遅しって感じでかなり濡れてしまった。

 

しかしカッパを装備してもリュックだけはどうにもならなかった。台風の時はリュックのレインカバーもないとキツイ

ということで、買うためにどんな商品があってどんな特徴があるのかちょっと調べてみたよ。

リュック用レインカバーはどれがおすすめ?

山登り用のリュックサックとかには標準でついてることが多いレインカバー。普通のリュックには当然ついてない。

台風じゃなくても、雨対策としてかなり役立つと思う。

傘さしても背負ったリュックだけはきっちり濡れていること沢山あるし。傘さして待ち合わせ場所についたらリュックの中に入れていた書類やらが全部グシャッてること、結構ありませんか?

そんな悲劇を防ぐためにも、アマゾンで色々見繕っていこう。

 

AGPTEKレインカバー

アマゾンチョイスとな。そんなのあるんだ。

値段のわりに2個入りっていうのが良い。サイズも4種類から選べるので自分のリュックサイズに合わせて選べるのも良し。口がゴムタイプなので被せるだけ。

2000mpaの水圧まで耐えられるらしいけど、その単位で言われても想像つかんが!雨は大丈夫だろうけど台風には耐えられるのか?おそらくほとんどのレインカバーは耐えられないだろうから、2個セットのこれは使い捨てくらいに考えると有用かも。

 

Active Winner

ゴムストッパーに加えてベルクロも使えるらしく、風が強く吹いても外れにくいとか。ロゴが反射するらしく、暗いところでは少し役立ちそう。メーカー保証1年つき。

撥水力は通常商品の2倍!とうたっているけど、通常商品が何をさしているのか不明・・でもレビューは概ね良いので、普通に使用するには快適っぽい。

 

Doppelganger

3000mpa耐久。ライダー向けの商品らしい。強い雨と風に耐えたいならこれかも。ゴムと、バックにしっかり止められるベルトがついているらしいので外れるのは心配なさそう。

サイズが35Lまでなので、たぶんバック的には30Lくらいのが丁度いいんじゃないかな。

 

iloop

耐水圧5000mpaのバケモンカバー

すごいな、最初に紹介したやつの2.5倍じゃないか。レビューでも撥水は良いし軽いと書かれているので、雨対策と考えたらこれ一択かも?他のは黒のみが多い中、色とサイズの種類も豊富なのが良い。

固定がゴムバンドしかないので、ほんの少し風対策は不安か?結構しっかりハマるらしいけど。これ買ってみようかな〜。

 

リュックのレインカバーおすすめまとめ

他にも色々あるんだけど、そんなに大きな差異はないのでこれくらいでいいかなと。徒歩程度での通勤・通学ならそこまで外れるか心配しなくても良いけど、自転車に乗ったりバイクに乗る人はガッチリ固定できるやつを選んだ方が良いね。

iloopの5000mpa耐水圧のやつがとりあえずバケモンクラスなので、これを買って試してみようと思う。

iloop買ってみたよ

iloopのレインカバー実際買ってみました。耐水性は凄いです。雨粒になっていたものを払い落とせばすぐに乾く感じ。

ただしやっぱりゴムバンドしかないのが不安。リュックを背負うショルダーの部分がゴムを引っ張り上げてしまうんじゃないかと・・案外大丈夫でしたけど。