レビュー

Parasomブルートゥースイヤホンの使い心地と、イヤホンの選び方

ランニングする時や、家で一度パソコンから離れたいけど音は聴き続けたい時などはブルートゥース型のワイヤレスイヤホンが非常に便利。そこでパラソムのイヤホンを購入することに決めた。使い心地などについて書いていく。

パラソムのBluetoothワイヤレスイヤホン

この商品の特徴は防水IPX5というところだろうか・・ほかの候補もリストアップした時に、どれもIPX4だったと思う。

  • IPX4:生活防水
  • IPX5:完全防水

という区分らしい。一応。Parasomの紹介ページには生活防水・防汗と書いてあるけど、とりあえずそれなりに防水レベルは高い模様。

 

使い心地は?

セットはこんな感じできた。

 

良い点

  • 複数サイズのイヤーピースがついてくる
  • イヤーフックでジョギングでも外れない
  • マイク内蔵しているので電話もできる
  • 2台の端末に同時接続可能
  • 使用しない際は磁石でイヤホン同士をくっつけられる
  • 12ヶ月保証

というのがとりあえずパラソムの売り文句。確かにその通りで良い感じ。

  • レビューも悪くない
  • ゴールドの高級感が良い
  • スポーツ用イヤーフックが付属

 

今ひとつな点

  • ボリュームが絞りきりでも大きめ
  • リンクさせた時に毎回「connected」みたいに英語音声が鳴る。正直鬱陶しいが、女性の声なのがせめてもの救いか

とまぁこんな感じだ。上記の悪い点は概ね満足している。結局なんでパラソムにしたのかっていうと、見た目とスポーツ用イヤーフックだ。ちょっと高級感のあるゴールドが気に入った。それとスポーツ用のイヤーフックは他の商品にはついてなさそうだった。

 

Bluetoothイヤホンはどれが買い?

こんなこと言うのもあれだけど、色々調べた結果どの商品も大して違いはないというのが結論。最後に他の商品も触りだけ紹介するけど、大体防水レベルはIPX4、イヤーピース付き、イヤーフック付き、保証付き、マイク内蔵、磁石付き・・って感じ。じゃあ何を基準に買えばいいのっていう話になるんだけど、Apt-Xコーデック付きが高品質らしい。下でも紹介しているけど、SoundPEATSのイヤホンは少し高めだけどApt-Xコーデック付き。

後は、もう見た目で選んでいいんじゃないかと思う。ブランドによってはコードの色だけ変わるとか、イヤーフックの形が違うとか色々あるので、あなたの好みにストライクするやつを買っちゃえば良い。スポーツ用イヤーフックが欲しいならパラソムがオススメね。

 

その他の購入候補

Ankerというブランド名を聞くと安心感がある。18ヶ月の保証がついてくるのが魅力的。色は3種類あるが、コードの色しか変わらないのが残念なところ。

 

APT-Xという音声コーデックに対応していて、高音質。APT-Xとは低圧縮で高音質を維持し、かつタイムラグもなくすという素晴らしいコーデック。

 

今はAirPods使ってます。

AirPodsの良いとこ悪いとこをレビュー。ダサいけど最強に便利駅とか道端でアップルのAirpods(ワイヤレスイヤホン)してる人見かけるようになりました。 発売当初はすごい人気で予約しても待ち...