仮想通貨

ETH.TOWNのアルファテストなくなったらしい

ETH.TOWNからニュースレターが来たので読んでみたら、アルファテストがなくなったらしい。最初は3月末、それから4月頭に延期したけど、結局アルファはなしでそのままベータに入る予定のようだ。

ニュースレターの内容を簡単に説明するよ。

ETH.TOWNニュースレター

1. プリセール終了

200,000ETIT(ゲーム内通貨・ヒーローの購入などで投資するともらえた)のハードキャップに到達したのでプリセール終了。

購入されたヒーローはERC-721互換コントラクトとしてブロックチェーンに統合中。完了したらヒーローの細かな情報が見られ、ダイス遺伝子を当てたラッキーなヒーローがいるか確認できる。

 

気づいたらヒーローも購入できなくなってましたね。レベル6を数体だけ買ってみたけど、レベル9の時の安い時にもっと買ってみておけば良かったな〜とちょっと後悔。

ダイス遺伝子ってなんだっけ?と思って調べてみたら、どうやらランダムで発生するヒーローの特性で、ダイスのミニゲームによる収益の一部がそのヒーローの所有者に送られるみたい。持ってるだけでお金増やしてくれるヒーローとか最高だな・・高値で取引されそう。

 

2. スターヒーローのリキャップ

ユニークキャラであるスターヒーローはこんな感じで売れましたよ、と。1番高値がついたのはウルフオブウォールストリートのレオナルド・ディカプリオを模したThe Wolf of Cryptoで、36.1ETHだった。すごい値段だ。ゴジラとキンゴコングみたいなのはもうちょっと高くなるかなと思ったらそうでもなかった。

今唯一セールしてるのはアノニマスの仮面を被ったサトシ・ナカモト。いくらになるんだろう。もうすでにETITの配布は終わっているのでサトシを落札してもETITもらえないって書いてある。そうするとちょっと値段は下がるのかも?

 

3. カルドランミニゲーム

宝くじタイプのミニゲーム、カルドランに対するフィードバックなどについて。ギャンブルなので、好き嫌いは意見が分かれてると。まぁ当然でしょう。手数料かなりとってるっぽいので、ギャンブル系のゲームが増えれば増えるほど儲かるんでしょうな。

と思ったけど、ニュースレターではこういったリスキーなゲームばかりではないので安心してくださいと書いてあった。少し安心。正直、こんなギャンブルばかりだったらそもそもこのプラットフォームを使う意味がわからない。それにもうちょっとゲーム性欲しいよね。

参加人数見てても結構少ないのがちょっと不安。大体一桁。

 

4. カスタムヒーロー

自分の顔をヒーローにしてもらうサービス、すごい数の申請がきてたみたい。10人のレベル9ヒーロー購入を条件にしたけど、それでも増え続けたみたいなのですぐに10ETHへ値上げしたようだ。

今のところ70%終わったみたいで、全部終わったら値段を下げるか、もしくはカスタムサービス自体をなくすか検討中。

ゲームのキャラクターに自分の顔っていいなとは思うけど10ETHは高いよね。50万とか。やっぱお金持ちの遊びなのか・・

 

5. 今後のスケジュール

最初は3月末にアルファテストを開始予定だったけど、色んな状況があって4月頭に変更した。でも皆の期待が非常に高いことが分かり、アルファとはいえ中途半端なものをリリースするわけにはいかないと判断した。もうちょっとしたらベータのリリース日を判断できると思う。

みたいなことが書いてあったよ。なんか、普通に開発間に合ってないんじゃね?もしくは単純にアルファテストそのものがしょぼすぎて急遽思い直したとか。そもそもアルファもうやりません、ベータにします!って大丈夫かなと不安になるね。

何人くらいで開発してるんだろ。頑張ってほしい。

 

6. コンテスト

ツイッターとディスコードでコンテスト開催中。

ツイッターはいくつかタスクを完了してエントリーするだけ。gleam.ioから参加できるよ。

Gleam.ioでギブアウェイに参加!使い方を簡単に説明します海外のプレゼント企画なんかではよく見かけるGleam.io。 皆さんもこんな画面は見たことないでしょうか。 複数のタ...

ディスコードはPirate Invasionというトリビアコンテストが行われたらしい。トリビアコンテストってなんだろ・・クイズ王選手権的な?参加型だから早押しクイズみたいな感じなんだろうか。

よくわからないのでとりあえずツイッターの方だけエントリーしておいた。2ETHってあたったら普通に嬉しいよね〜。

ABOUT ME
van
好きなことだけ書き続ける趣味ブロガー。仕事よりも楽しく生きるのが大事。英語と写真が得意。