ブログ

Audible(オーディブル)とは?有料会員になる価値あるのか考えた

AmazonのAudibleって実際のところ有料会員登録する価値あるの?これ絶対抱える疑問ですよね。だって1ヶ月1,500円ですから。プライム会員が400円のところ、実に3.75倍ですから!毎月払っていくとなると大きい出費です。

最近初めてAudibleに登録して無料体験でもらった本を1冊聞いてみているので、本当のとこどうなのかちょっと考えていきます。

とりあえず無料体験期間が30日間あって、登録すると1冊無料で本がもらえちゃうのでまずは登録しておくとお得です!この貰った本、有料に切り替わる前に退会しても手元に残ります。

そして現在は最大で3000ポイントもらえるキャンペーンもやっているので、これを機に無料体験してみましょう。30日間以内であればいつでも解約可能です。

Audibleの30日間無料体験を試そう

AmazonのAudible(オーディブル)について

audibleのロゴ

Audibleって、しょせんエコーの本読み上げに毛が生えたようなもんでしょ・・?そう思ってた私。いいえ違います。人がちゃんと朗読してますから!プロの声優や著名人の朗読で本を「聴く」サービスがAudible(オーディブル)です。

声優や著名人の声や朗読の仕方に好き嫌いはあれど、小説などでは男・女の声色を変えたりと案外スッキリ分かるように読んでくれるんだなという感想です。

会員は毎月1冊と交換できるコインが付与され、通常の本購入も30%オフのディスカウントがつきます。

 

Audibleって月額いくら?

Audibleは月額1,500円で毎月コインを1枚もらえます。このコイン1毎を使って好きなオーディオブック1冊と交換します。重要なのが

  • タイトルが気に入らなかったら返品・交換できる

という点です。これを利用して読んだら返品・交換の読み放題形式で使うのがオトクなようですね。返品・交換方法については後ほど説明します。

ただし、どうやらウェブサイトでの交換回数には制限があるようです。何回も交換していると、そのうち表示が返品不可に切り替わってしまうとか。公式でも詳しい回数は発表されていません。

ウェブサイトで返品不可になった後は、カスタマーサービスに連絡して返品するしかありません。カスタマーサービスでの返品回数には制限がないようですが、ウェブサイトで気軽に返品できなくするところが非常に微妙なところです。

コインではなく通常のお金でもオーディオブックは買えます。会員だと30%オフになるので、もしオーディオブックを買うなら絶対会員になった方が良いですね。1冊単体がかなりの値段しますので、30%オフでかいです。

 

Audible有料会員の価値はあるのか?

では有料会員の価値があるのかどうか・・Audibleで出来ることや値段といった観点から考えてみたいと思います。

 

本を聴きながら他のことができる

ヘッドホンしてる人

iPhoneやアレクサを使って本を再生することで両手があき、動けるようになります

  • ウォーキングやランニング中に本が聴ける
  • 本を聴きながら家事ができる
  • バスなどの移動中でも酔わない
  • 小さい活字で目を悪くすることがない
  • 通勤ラッシュで携帯を出さなくても良い
  • 車内で音楽がわりに再生する
  • 横になって目を瞑りながら想像することができる

本を読む時って動けなくなりますよね。歩きながら本読む人すごいと思う。私は無理。本って座ったり横になったりしながらゆっくり腰を落ち着けて読むものですが、ちょっとした家事の時などでも中断しないで聞き続けられるのは良いです。

本読むの中断したくないから家事は後で!ってなっていたのが、本を聴きながら家事できるって可能性がすごい広がります。

 

実際に通勤などで使ってみて

ほんとにAudibleは通勤に最適です。

  • 通勤ラッシュでも苦労なく聴ける
  • 駅から会社までの徒歩でも聴ける
  • 夜道でも聴ける

朝の通勤ラッシュで運良く座れれば本を広げることもできます。しかしほとんどの場合は立っているのではないでしょうか。

私の地元駅から勤務先までは確実に座れませんので、満員電車で本を読むのはなかなか厳しいです。手はつり革を握りたいし、ぎゅうぎゅうに押されながら本に集中するのは疲れるし。

かといって比較的コンパクトで片手操作できる携帯で読もうとすると、文字が小さくて疲れるし何より目が悪くなる。

そしてもう一点。電車から降りたら本を閉じて歩いて会社まで行きますよね。その時間もまるまる本を聴けるんです。夜遅くに会社から帰る時も同じです。

私はずっと音楽を聴きながら通勤してましたが、Audibleをインストールしてからは本を聴くことがかなり多くなりました。

 

読むよりも聞いた方が労力少ない

と思うのは私だけでしょうか。

本を読むと小さい活字を目で追いますし、喋り言葉なども脳内で変換して声あてたりしてますが、意外と疲れるんですよね。本を読む体制もちょっと肩凝りますし。

耳にイヤホンつっこんで聞いてるだけなら全然体力使わないのでいいなと思ってます。少ない労力で脳みそに情報つっこませるみたいな。

 

高速再生機能が便利

Audibleは高速再生が可能です。

0.5倍〜3.5倍まで、0.5倍刻みで調整できるので自分に合ったスピードで聴くことができます。私は1.25〜1.5倍くらいが丁度良いなと感じました。

この高速再生機能を使えば本を早く聴き終えることができるので、たくさん聴けますね。

 

月額1,500円が高いかどうか

月額1,500円は結構大きい出費です。プライム会員が月額400円ですから。

でもオーディオブックが気に入ったら逆に高くないんですよね。日本円で買おうとしたら1冊2000円とか4000円とかする本もあります。朗読の収録も大変だし、本自体の値段もあるし、もしかすると妥当な値段なのかもしれません。

会員になれば毎月1冊と交換できるコインが1枚付与されますし、購入した本は返品・交換することができます。そう考えると、読んだら次の本に変える・・といった読み放題的な使い方ができますね。※ 返品はウェブサイトだと回数制限あり

オーディオブックによって得られるメリットと比較して1,500円が高いかどうかはほんとに人それぞれだと思います。

 

コンテンツ量について

海外コンテンツと国内コンテンツを合わせると40万タイトル以上!と言っていますが、国内コンテンツだけだと実際少なそうです。最新の本なんかは特にAudibleにならないと思います。

ホリエモンの多動力とか、小説の君の名は。とか、ちょこちょこ聴いてみたい本は見つかりますが、コンテンツ量が如何せん少なそうなのでそのうち読みたい本がなくなりそうです

読みたい本がなくなったら退会しとけばいいと思います。で、1年後くらいにふらっとまた立ち寄ってほしい本が沢山増えてたらまた契約再開すればいいんです。別に初期費用とかありませんし、いつでも退会可能ですからね!

 

結論:Audibleいいよ

thumbs up
  • 本を聴きながら色んなことができる
  • 通勤には最適
  • 高速再生が便利
  • 比較的少ない労力で情報を得られる
  • 月額1,500円は高いけどオーディオブックが気に入ったら単品購入よりも安い
  • 購入した本はずっと聴ける
  • コンテンツは少なめっぽいけどいつでも退会できるから飽きたらやめればいい

有料会員本気でアリだと思います。

Audibleは無料体験が30日間あって、1冊無料の特典がついてきます。とりあえず無料体験してみましょう!

Audibleの30日間無料体験を試そう

 

Audibleはとりあえず無料体験しとけ!

有料会員になるかどうかは30日間の無料期間中に悩めばいいので、とりあえず無料会員登録するのがいいですよ。

Audible(オーディブル)に初めて登録する人であれば、特典があるのでオトクです。とりあえずタダならもらっとこう!登録せな損だ〜!

  • 本を1冊交換できるコインが1枚プレゼントされる
  • 無料期間中ならプレゼントされたコインを使って本を返品・交換可能
  • ポイントキャンペーンで最大3000ポイント獲得(12/12まで)
  • いつでも退会可能
  • 購入した本は退会後でも聴ける

プレゼントされたコインで購入した本は無料会員のうちに退会してもそのままもらえます。1,500円はちょっとさ・・という人でもオーディオブック1冊タダでもらえるなら1回登録するの全然アリですよね。

Audibleの30日間無料体験を試そう

 

ポイントキャンペーンの参加方法

なんとオーディオブックを聴くだけで最大3000ポイントのプレゼント。これはでかい。

  • 期間:2018年10月24日~12月12日まで
  • 対象者:上記期間中に初めてAudibleの無料体験に登録した人
  • 獲得条件:Audibleで本を5分以上聴くと50ポイント(プライム会員は2倍の100ポイント)
  • 制限:1日5分でのポイント付与が限度。最大30日間聞けば1500ポイント(プライムは3000)
  • 付与時期:ポイントの付与は無料体験登録日の翌々月の中旬ごろ

毎日5分以上聴くっていうのがなんとも上手いなと思います。最低でも30日はAudible起動しないといけないわけですから。もし飽きちゃったり読み終わってしまっても、5分流すだけでポイント付与なので日課にしましょう。

 

登録方法と使い方

Audible入会は簡単3ステップです。

  1. Amazonにサインインし、Audibleの会員登録をします
  2. スマホ・タブレット・PCに専用のアプリをインストール
  3. アプリにサインインして本を購入して聴く

 

返品や退会がちょっとややこしいので説明します。

 

返品・交換方法について

返品方法分かりづらいんですよね。Amazonの注文履歴には出てこないので、どこ?となります。

実はAudible.co.jpで返品するんです。

audibleサインイン

サイトにアクセスしたら右上の「サインイン」をクリックします。

 

audibleはamazonのアカウントでサインイン

Amazonアカウントでサインインします。

 

アカウントサービスへ

サインインしたら、自分のアカウント名が表示されている部分をクリックし、「アカウントサービス」をクリックします。

 

audibleで下町ロケットの返品

アカウントサービスのページにアクセスしたら、まずは左のメニューで「購入履歴(返品)」を選択します。すると本の一覧が出てくるので、返品したい本を「返品する」。

 

返品理由

すると返品の理由を聞かれるので、選択して「返品する」。以上で返品が完了です。コインが戻ってきていることを確認したら次の本と交換しましょう。

 

スマホでの返品の仕方

Audible.co.jpでの返品はデスクトップサイトからしかできません。モバイルサイトでは駄目です。

スマホで返品するのであれば、サイトの表示を「デスクトップ」に切り替えればOK。iPhoneでの手順を見ていきましょう。Androidは持ってないので分かりません・・

まずはAudible.co.jpにアクセスします。

audibleスマホサイト  

モバイルサイトに飛んだら、共有ボタンをタップします。それから「デスクトップ用サイトを表示」をタップしてデスクトップサイトを表示させます。

後は先ほど紹介した返品手順と一緒です。一度サインインするとまたモバイルサイトに戻されるかもしれません。その場合はまた「デスクトップ用サイトを表示」すれば問題ありません。

 

退会方法について

こちらもAudible.co.jpで行います。

サイトにアクセスしたらサインインして「アカウントサービス」まで進みます。

退会手続き

下に表示されている「退会手続きへ」をクリック。

 

audible退会理由

退会理由を選択して「次へ」。

後は退会するだけです。

 

おすすめの本はどれ?

どの本もサンプルが聴けます。ですので、朗読者が誰なのか、サンプルで読み方が好みかどうかチェックした方が良いです!朗読も上手い下手、好き嫌いありますからね。

 

ライトノベル

これが意外と良さそう。好きな声優とかだったらどっぷりはまれるんじゃないでしょうか。

  • 声優が朗読している
  • 男と女の声色を分けて朗読するので誰が喋っているかちゃんと分かる
  • 本によっては男性と女性の二人ナレーション
  • あまり小難しい表現が出てこないので理解しやすい

 

ビジネス書

小説系はちゃんと自分で読みたいな~っていう人は結構いると思います。そんな時はビジネス書ですね。誰が朗読しようが特に関係ありません。誰かの講義を聴いているような感じでいいです。

 

英語の本

これホントに英語の勉強になります。かなり難易度は高いです。ただでさえそこそこ難しい単語が頻発する本を朗読で聞き取ろうっていうんですから。

これが聴けるようになったらリスニングはほんとにいっぱしじゃないでしょうか。

欠点は、読む本も持っていないと全然分からない時に答え合わせができないこと。普通の本が難しすぎる場合は、素直に英語勉強本などが良いかもしれません。

  • 難易度は高いが勉強になる
  • ひたすら睡眠学習でも

 

まとめ

Audibleは有料会員登録する価値があるのか?アリです!

気に入らなかったらいつでもやめられますし、コインで交換した本は自分のものなので退会したからといって没収されることもありません。

初めての無料体験なら1冊が無料でもらえるので、とりあえず登録してもらえるものはもらっておきましょう。

Audibleの30日間無料体験を試そう